日産の源流! ダットサンの「ダット」とは一体どういう意味だったのか

キーワード :
, , , ,
大正から昭和初期、日本では自動車製造業者がいくつも産声を上げた。その中に、今も国産メーカーとして確固たる地位を誇る日産自動車の源流もあった。

主力はダットサンのみ 米技術者を招へい

 さらに同社は経営の安定化を目指し、他の自動車製造業者数社を傘下に収めた東京自動車工業をへて、1933(昭和8)年には自動車製造へと再編。

 一方、旧戸畑鋳物自動車部はというと、完全に消滅したわけではなく紆余(うよ)曲折をへた後の1934年には、日産自動車へと社名を変更し独立。ダットサンの名称も引き継ぐこととなった。

 こうして複雑な経緯をへて誕生した日産自動車ではあったものの、その主力車種はというと、ダットサン以外には国策に基づき政府主導で開発が進められていた商工省標準形式自動車であったトラック/バスシャシーしかなく、その将来性には甚だ不安が残るものだったことは否めない。

 そして、ここでとあるアメリカ人技術者が鮎川義介の依頼を受けて、日産自動車の発展に大きな役割を果たすこととなる。

 そのアメリカ人技術者の名はウイリアム.R.ゴーハム。1918(大正7)年の第1次世界大戦終結直後に、自身の設計による航空機エンジンの売り込みのために来日。その後は既述した実用自動車製造において、技術コンサルタントを務めていた人物である。

 この当時、技術教育のために政府や企業に招へいされた外国人技術者は多かった一方、彼は事実上のフリーランスであり、フットワーク軽くさまざまな企業において技術レベルの向上のため活動していた。

 何よりも彼は、外国人としては異例なまでに日本の文化と生活になじみ親しんでいたと言われている。

全てのコメントを見る