阪急電鉄が生んだ「宝塚歌劇団」 誕生の背景にはファミリー層の郊外誘致策があった!

キーワード :
, , ,
現在の阪急電鉄によって創設された宝塚歌劇団。そのルーツをたどると興味深い事実があった。

鉄道経営と宝塚

兵庫県宝塚市にある「花のみち ベルサイユのばら像」(画像:写真AC)
兵庫県宝塚市にある「花のみち ベルサイユのばら像」(画像:写真AC)

 宝塚歌劇団というと、どのようなイメージを思い浮かべるだろうか。きらびやかな衣装やメーク、「清く正しく美しく」の標語、男装の麗人、すみれの花、大階段、背負い羽根……実際に舞台を見たことがなくても、こうしたイメージは想起できるのではないだろうか。

 そして、これらに加えて、阪急電鉄という語も、宝塚の根幹をなすキーワードとして忘れてはならない。もともと、宝塚は行政でも特権階級でもなく、箕面有馬電気軌道(現・阪急電鉄)によって創設された歌劇団である。よって、この鉄道会社なくして、宝塚が生まれることはなかった。

 宝塚の創設をリードしたのは、箕面有馬電気軌道の小林一三だった。1907(明治40)年、34歳の小林一三は、この会社の専務取締役として、鉄道経営を中心に都市・住宅・観光地の開発事業を展開していった。

 鉄道の開発計画は、大阪・梅田から箕面をつなぎ、さらには池田を経て兵庫の宝塚や、温泉地・有馬までをつなぐという遠大なものだった。だが、当時の箕面や宝塚は寒村そのもので、目を引く名所・旧跡にも乏しかった。田畑や雑木林のなかを突き進む無謀な計画では、とても採算が合わないだろうと、大量の株が売れ残るありさまだった。

 当面の課題は、沿線の観光地化を進め、遊覧電車として経営に弾みをつけることだった。そこで着手されたのが、箕面地域の開発であり、中でもにぎわいを集めることになったのが、1910年に開園した箕面動物園だった。箕面動物園の人気は、子ども連れ家族をターゲットにした施設が沿線開発の鍵となることを示すことになった(伊井春樹『小林一三は宝塚少女歌劇にどのような夢を託したのか』ミネルヴァ書房)。

 小林一三はまた、不動産の開発・販売にも手を広げた。土地買収と開発を大規模に展開して、沿線の住宅建設・分譲を計画し、大都市・大阪から人口を吸い寄せていったのである。多くの鉄道経営者が、「乗客の数」だけを考えて採算を意識していたのに対して、彼は、「住民の数」を考えて以上のような空前の規模の経営戦略を立て、新たな住民と生活環境そのものを創出してしまった(鹿島茂『小林一三』中央公論新社)。

全てのコメントを見る