「3輪ソーラーカー」の予約金だけで1400億円! 米Aptera Motorsの描く近未来的思考とは

キーワード :
, , ,
太陽光を利用して走行するソーラーカーの存在にも注目が集まっている。ソーラーカーは3輪タイプの開発が進んでいる。

3輪が最適なのか

3輪ソーラーカー(画像:Aptera Motors))
3輪ソーラーカー(画像:Aptera Motors))

 少ないエネルギーで十分な走行距離を確保できるといったバランスの良さが、3輪ソーラーカーの利点だ。さらに3輪にすることで、車体を小型にできる。

 小サイズの利点は、運転や駐車がしやすくなることだ。女性や高齢者でも、小さくて軽い自動車であれば乗りやすくなる。環境性能に強い関心を持つ人だけでなく、性別問わず幅広い年齢層をターゲットにすることで、よりソーラーカーの可能性が広がるかもしれない。

 しかし前述の通り、現状のソーラーパネルは電力効率が高いとはいえない。太陽光の力だけでは、実用的な走行距離を確保できないという難点があった。この懸念を乗り越えるべく、米国のとある会社が動き出した。

近未来なデザインの製品が登場

3輪ソーラーカー(画像:Aptera Motors)
3輪ソーラーカー(画像:Aptera Motors)

 カリフォルニア州に本拠を置くスタートアップ「Aptera Motors」が開発したソーラーカーは、太陽光の力だけで1日あたり約72km走行できる。それを可能にしたのは、車体のデザインや超軽量複合材の採用など、エネルギー効率にこだわったからだ。

 また、3輪にしたことでホイールと地面の摩擦を極限まで排除。エネルギーの消費を抑えつつ、快適な乗り心地を兼ね備えることにも成功した。

 デザインは、まるで近未来を想像させるつくりとなっている。外装だけでなく内装にもこだわっており、

・植物ベースのレザー
・バイオベースのプラスチック糸
・リサイクルフェルト

など、環境に配慮した素材を使用している。

 さらに、スノーボードやサーフィンボードが乗る十分な収納スペースも確保しており、一般的な国産コンパクトカーより広い。

 そんなAptera Motorsだが、2023年から本格的に生産開始する。すでに世界各国から3万件を超える予約があり、予約注文の総額は10億ドル(1392億円)を超えている。

 インターネット上では、

「ソーラーカーといえば3輪になりつつあるな。トゥクトゥクみたいでかわいいから好き」
「重いパネルを載せて重心が低くなりがちなソーラーカーなら、3輪と相性良さそう。“3輪車”が子ども用じゃなくて、ソーラーカーを指すようになる日も近い」

といった声も。こんなソーラーカーが普及すれば、

「3輪 = 近未来的」

というイメージが一般化するかもしれない。

 ちなみに、3輪ソーラーカーの開発に挑んだのはAptera Motorsだけではない。ノルウェーのEVメーカー「Infinite Mobility」も「OSLO」というソーラーカーを開発している。渋滞緩和などの環境負荷を減らすために誕生した。3人乗りで、高さ幅ともに1.5mとコンパクトなつくりとなっている。価格は日本円で約95万円だ。

 アジアでの展開も視野に入れており、日本でも見かけるのはそう遠くないかもしれない。

全てのコメントを見る