ホンダ中国とオートXが提携 アコード・インスパイアの自動運転フリートをリリース

キーワード :
, , ,
中国の自動運転開発企業オートXと、ホンダの中国法人・本田技研科技(中国)有限公司が提携。「アコード」と「インスパイア」に最新システムを搭載した自動運転フリートをリリースする。

完全無人タクシーを一般公開

完全無人運転の「ロボタクシー」(画像:オートX)。
完全無人運転の「ロボタクシー」(画像:オートX)。

 中国の自動運転開発スタートアップ企業であるオートX(中国広東省深セン)は2021年4月16日(金)、ホンダの中国法人、本田技研科技(中国)有限公司と自動運転技術開発で提携したと発表。「アコード」と「インスパイア」に最新のオートXジェネレーション5自動運転システムを搭載した自動運転フリートをリリースする。

 オートXは、中国のレベル4自動運転のリーダー企業であり、自動運転AIプラットフォームを開発している。2020年4月から深センで、完全無人運転「ロボタクシー」の実証実験を進めており、2021年1月には世界で2番目、中国で初めてで唯一のロボタクシーサービスを一般公開している。

 ホンダは、自動運転レベル3に該当する先進安全技術「ホンダセンシング・エリート」を搭載した「レジェンド」を2021年3月5日に日本国内で発表。さらに今回の提携で、オートXの最新鋭技術を利用し、中国一般道路での自動運転実証実験を通じて中国の交通環境への理解を深め、より安全で高度な自動運転技術を開発し、現地道路に適した自動運転ソリューションを模索する。