新幹線はいつまで「紙の切符」なのか? 他国はeチケット化、取り残される日本の特殊事情とは

キーワード :
, , , , , ,
日本で新幹線に乗る場合、インターネット予約もできるものの駅の窓口などで乗車券を発券しなくてはならない。何となく受け入れている現行のシステムだが、世界各国と比べると日本は遅れているとも言えそうだ。

「ネット予約」の意味がない!

新幹線の乗車券のイメージ(画像:写真AC)
新幹線の乗車券のイメージ(画像:写真AC)

 私たちが日本で鉄道を利用する際、何の迷いもなしに駅の窓口や券売機で切符を買ってから乗車する。

 最近はICカードが普及したことにより窓口で切符を買うことも減ったが、新幹線などの長距離列車に乗車する場合は、(新幹線用のICカードがない限り)今も窓口で切符を買わなければならない。

 最近では、JRもようやくインターネット上で予約・購入ができるようになったが、これはあくまで「予約および購入ができる」というものであって、予約したものも結局は駅の窓口や券売機で乗車券の原本を受け取らなければ乗車できない。

 最近、新幹線の予約をネットで手配したものの、駅に着いたら券売機も窓口も長蛇の列。出発時間までわずかしかないのに、これでは何のためのネット事前予約だったのか、といった話を耳にした。

 こと鉄道の乗車券販売について、日本は他国と比べて二歩も三歩も遅れていると感じている。

 国鉄時代からずっと続くシステムを改修するというのは、手間と時間とコストが非常に掛かるというのは理解できるが、ネット予約ができても駅で受け取らなければ列車に乗れないなんて、実に前時代的だと思ってしまう。

 ハッキリ言えば、ネット予約の意味すらない。