「簡単に稼げるかも」 軽乗用車の配達解禁に色めく人たちを待ち構える、全然軽くないヘビーな現実

キーワード :
, , ,
2022年10月から、黒ナンバーの対象外だった軽乗用車でも小口配送事業が可能になった。これはチャンスなのか、それとも……

10月から解禁

黒ナンバー取得前の軽自動車(画像:写真AC)
黒ナンバー取得前の軽自動車(画像:写真AC)

 コロナ禍で小口配送の需要が急増している。そのため、従来の運送事業者だけでは対応が難しくなり、個人が配送するスタイルが注目されている。有名どころは、通販大手のアマゾンの「アマゾンフレックス」だ。個人事業主がアマゾンと直接業務委託契約を結び、荷物を配送している。

 ただ、こうした配送を請け負うには「貨物軽自動車運送事業」を届け出て、黒ナンバーを取得しけければならない。自動車は

・自家用車
・営業車(受け取り人や荷物を運ぶ)

にわかれ、ナンバープレートの色が異なる。軽自動車以外の自家用車は、白地に緑文字の「白ナンバー」、トラックやバスタクシーなどの「一般貨物自動車運送事業」の許可を得た自動車は緑地に白文字の「緑ナンバー」、黒地に黄色文字の「貨物軽自動車運送事業」専用の「黒ナンバー」だ。この黒ナンバーに関わる制度が、2022年10月から大きく変更された。これまで黒ナンバーの対象外だった車種でも事業が可能になったのだ。

 これまで、軽貨物運送は軽トラックやバンタイプの軽自動車など、いわゆる軽貨物車までしか許可されなかった。国土交通省では、配送需要の急増に対応する形で従来は許可されていなかった軽乗用車の使用を10月から解禁したのだ。

 国土交通省の発表では、

「貨物軽自動車運送事業において軽乗用車を使用可能とすることとし、その際に積載できる貨物の重量は、乗車定員数から乗車人数を控除した数に五十五を乗じた重量(単位キログラム)以内とする」

 と、している。具体的には、乗車定員が4人の軽乗用車の場合には、

「最大165kgの貨物」

を輸送できるわけだ。軽乗用車が使えることで、コロナ禍で急増した小口配送の受け皿になることが期待されている。