車窓に広告を投影 AGCのガラス製透明スクリーンを採用したタクシー6月お目見え

キーワード :
, , , ,
AGCのガラス製透明スクリーン「Glascene」が、タクシー車窓モビリティサイネージサービス「THE TOKYO MOBILITY GALLERY Canvas」に採用された。

車窓モビリティサイネージサービスに採用

AGCのガラス製透明スクリーン「Glascene」が採用されたタクシー車窓モビリティサイネージサービス「THE TOKYO MOBILITY GALLERY Canvas」(画像:AGC)。
AGCのガラス製透明スクリーン「Glascene」が採用されたタクシー車窓モビリティサイネージサービス「THE TOKYO MOBILITY GALLERY Canvas」(画像:AGC)。

 AGCは2021年3月17日(水)、プロジェクターの映像を投影できるガラス製透明スクリーン「Glascene」が、タクシー車窓モビリティサイネージサービス「THE TOKYO MOBILITY GALLERY Canvas」に採用されたと発表した。

「Glascene」は、特殊なスクリーンフィルムを2枚のガラスで挟み込んだ合わせガラス構造で、これまで主に商業施設や店舗、ショールームの窓ガラスとして映像演出用途に採用されている。

 今回採用される「THE TOKYO MOBILITY GALLERY Canvas」は、ニューステクノロジーとS.RIDEが東京都内で2021年6月に始める予定のサービスだ。タクシーの空車時間を活用し、サイドガラスに広告を投影することで、自動車用窓ガラスが新たな広告媒体になる。AGCは自動車用窓ガラスとして求められる安全性・耐久性を確保しながら、高コントラストな広告を投影することが可能としている。