NEXCOが描く「次世代高速道路」が実に興味深い! 「快適さ」から「エンタメ」まで網羅したその中身とは?

キーワード :
, , , , , ,
日本初の高速道路が全線開通してから半世紀以上。進化する自動車の性能・機能に対して、高速道路はどうあるべきか。NEXCO東日本がまとめた「構想」を基にその姿を探る。

「次世代高速道路」目指す姿とは

日本の高速道路のイメージ(画像:写真AC)
日本の高速道路のイメージ(画像:写真AC)

 日本初の高速道路となる名神高速道路が全線開通したのは、1965(昭和40)年7月のこと。それから半世紀以上が経過し、高速道路を取り巻く環境は大きく変化している。

 ITC、AI、ロボティクス、センサー、デジタル通信、ビックデータ活用などさまざまな技術の応用が進んだほか、自動運転やコネクテッド機能といった最新技術を搭載する自動車の普及も現実味を帯びてきた。

 こうした現状の先にある10年後、20年後の高速道路はどうあるべきか。その目指すべき姿を「31項目のプロジェクト」としてまとめたものをNEXCO東日本が発表した。

※ ※ ※

 高速道路は将来的に、V2Xなどを用いた道路監視、車両通信、高速道路上の完全自動運転を拡大していくという未来を描いている。

 その方向性について、専門家らはどのように捉えているのだろうか。以下に有識者・学識経験者らの意見をそれぞれ要約し、紹介する。

●東京工業大学 環境・社会理工学院 朝倉康夫教授

「SDGsの観点から、次世代高速道路を達成することで、実現する社会の姿を示すべき。交通工学の知識があり、かつ情報通信技術にも長けた人材がプロジェクトを主導していくべきでもある。

 かつて名神高速道路が、自動車の性能を向上させるきっかけとなったように、高速道路会社が、自動運転車を先導する意識で取り組むといいだろう」

としている。