ノーヘルで爆走! 道交法ガン無視の「フル電動自転車」は、もはや走る凶器だ

キーワード :
,
最近見かけるようになった「フル電動自転車」。これは日本の法律ではバイクであり、自転車ですらないのだ。

法律上、バイクと同じ

 さらに詳しく書くと、次の道路交通法施行規則のとおりだ。

●第一条の三 法第二条第一項第十一号の二の内閣府令で定める基準は、次に掲げるとおりとする。
一 人の力を補うために用いる原動機が次のいずれにも該当するものであること。
イ 電動機であること。
ロ 二十四キロメートル毎時未満の速度で自転車を走行させることとなる場合において、人の力に対する原動機を用いて人の力を補う力の比率が、(1)又は(2)に掲げる速度の区分に応じそれぞれ(1)又は(2)に定める数値以下であること。
(1) 十キロメートル毎時未満の速度 二(三輪又は四輪の自転車であつて牽けん引されるための装置を有するリヤカーを牽けん引するものを走行させることとなる場合にあつては、三)
(2) 十キロメートル毎時以上二十四キロメートル毎時未満の速度 走行速度をキロメートル毎時で表した数値から十を減じて得た数値を七で除したものを二から減じた数値(三輪又は四輪の自転車であつて牽けん引されるための装置を有するリヤカーを牽けん引するものを走行させることとなる場合にあつては、走行速度をキロメートル毎時で表した数値から十を減じて得た数値を三分の十四で除したものを三から減じた数値)
ハ 二十四キロメートル毎時以上の速度で自転車を走行させることとなる場合において、原動機を用いて人の力を補う力が加わらないこと。
ニ イからハまでのいずれにも該当する原動機についてイからハまでのいずれかに該当しないものに改造することが容易でない構造であること。
二 原動機を用いて人の力を補う機能が円滑に働き、かつ、当該機能が働くことにより安全な運転の確保に支障が生じるおそれがないこと。

 つまり、日本で自転車として認められている電動アシスト自転車は時速24kmまでしかアシスト機能、こぐ力に対するモーターの動力による補助は作動しない決まりになっている。しかし、フル電動自転車は時速24kmを超えてもモーターは電気の力で駆動する。これは自転車ではなくバイクとなる。

 モーターの出力0.6kW以下で原付1種(排気量50ccまで)、モーターの出力0.6kW超から1.0kW以下で原付2種(排気量50ccから125ccまで)と区分されるが当然、前者は原付免許以上、後者は普通自動二輪小型限定以上の運転免許証が必要だ。もちろん公道走行のためのナンバープレート、自賠責、各種保安部品が最低限必要となる。

 繰り返すが、フル電動自転車は日本の法律ではバイクであり、決して

「電動アシスト自転車の上位互換」

でもなければ、その延長線上にある自転車ではないのだ。

全てのコメントを見る