「コロナの嵐」吹き荒れる20年4月 ANAが公開した「機内写真」は航空事業者の矜持そのものだった!

キーワード :
, ,
2020年4月22日、ANAが公開した写真。そこにはコロナ禍における航空事業者の必死の努力があった。

旅客がダメなら貨物で勝負

飛行機の窓からの主翼(画像:写真AC)
飛行機の窓からの主翼(画像:写真AC)

 B社のように壮絶な固定費削減を実施しても、削減できる費用には限界がある。そのため、支出を減らすだけではなく、コロナ禍という異常事態であっても収入を増やさなければ生き残れない。では、そのように収入を増やせば良いのか。

 航空会社における収益構造は元来、

・旅客
・貨物

という2本の大きな柱からなる。貨物は貨物専用便で運ばれることもあるが、旅客便の貨物室に旅客の受託手荷物と一緒に積載されるケースが多い。

 基本的に航空会社の収益計算は、

「旅客便1便あたりの収益をいかに上げるか」

の積み重ねだ。

 そして、旅客便1便あたりの収益は旅客(機体上部)と貨物(機体下部)の両方で計算され、成り立っているのだ。ところが、コロナ禍に突入してから2本の柱のうちの1本、旅客による収益がほとんど消えてしまった。

 しかしながら、従来のスケジュールに合わせて旅客便を運航させないと、貨物輸送が滞ってしまう。詳細は後述するが、コロナ禍突入直後は旅客需要とあわせて貨物需要も落ち込んだが、しばらくすると貨物需要のみが回復してきた。そうした中での旅客便減便は、貨物にとって非常に痛手なのだ。

 加えて、長期間にわたり旅客便を欠航や減便させることは、航空各社が持つ

「各空港の発着枠」

を失うことにもつながる。

 発着枠とは、航空各社が各国政府と交渉し、膨大な時間とお金をかけた末に獲得した、各空港で所定時間に旅客便を発着させる権利のことだ。

全てのコメントを見る