クルマ価格が大幅高騰? 100年に一度の大変革で、庶民が「マイカー」を持たなくなる日

キーワード :
, , , , ,
「100年に一度の大変革」とされる交通・自動車業界。自動車の価値も大きな変化を迫られており、庶民にとっての位置づけも大きく変わりそうだ。

自動車の購入価格も変化の見通し

自動車のイメージ(画像:写真AC)
自動車のイメージ(画像:写真AC)

 自動車をはじめとする交通業界は「100年に1度の大変革期」に入ったと言われ、自動車の価値もまた今後、大きく変わることになるだろう。

 その一要素としてユーザーにとっても特に関心の高い「購入価格」が、どのように変化していくか考えていく。

現在は「売り切り販売」に基づく価格

 現在の自動車の価格は、新車・中古車を問わず、その1台を売り切り販売するものとなっている。支払い方法に、現金一括や、ローン、リースなど種類はあるが、車体総額は車を売る側が決めた価値を表している。

 そのため、トヨタT-Connectなどに代表されるIoTを利用した月額サービス料金などは、車体価格と別に必要な人が契約するものと捉えることが多い。

 これが、現在の自動車の価格に対する一般的な認識といえる。